訪問ペット葬儀のご案内

リフォーム&エクステリア

ペットの訃報はどう書けばいい? お世話になったあの人に伝える言葉

「ペットが亡くなった」報告をどう書けばいい?

ペットが亡くなってしまった時、すぐに誰かに知らせたいという思いと、しばらくは受け止めたくないという思いとが交錯し、複雑な気持ちになるでしょう。もちろん伝えたいと思う相手によっても、タイミングや表現は異なります。家族にとってはつらい言葉を口にすることになるので、伝えるタイミングは無理をせず徐々に考えてゆきましょう。

相手に伝える際は、相手が同年代のペットと暮らしている場合は亡くなった報告と合わせて、相手のペットの健康、長生きを願う言葉を添えるとよいでしょう。散歩仲間や顔見知りの間柄、通いなれていたトリミングショップやかかりつけの動物病院であればこれまでの感謝の意を伝えましょう。

愛されたペットの死を伝える言葉

ペットが亡くなってしまった時の表現にはたびたび「虹の橋」という言葉が用いられます。この表現の由来には諸説あり海外の言い伝えがもとになっていると言われています。ペットたちは亡くなると天国の手前にある虹の橋へたどり着くそうです。そこで大切な家族や友達との再会を待っていることもあれば、そっと家族を見守り続けていることもあります。この逸話になぞり、周囲への挨拶には「虹の橋へ行きました」「虹の橋を渡りました」という表現を用いることが一般的です。

ジョイフルエーケーの訪問ペット葬儀のご案内

大切な思い出をたくさん作ってくれたペットが安らかに眠れるようお手伝いさせて頂きます。当社では、移動火葬車両による訪問ぺット火葬を執り行っております。詳しくはこちら