ペットワールドスタッフブログ

ガーデンセンタースタッフブログ

リフォーム&エクステリア現場日記

レンガ・平板の敷き方

北海道のような寒冷地では凍害が起こりやすく、地面がボコボコになりやすいので、 砕石と川砂をしっかり踏み固めた厚めの下地を作りましょう。

1.位置を決め、下地のスペースを作る

●レンガ(平板)を敷く場所を決め、水糸で印 を付けます。雑草や小石を除去した後、スコップで30cm程度掘り下げます。底はダンパー等を使ってしっかり転圧します。

2.砕石と川砂で下地を作る

●砕石と川砂をしっかり転圧しながら入れます。実際にレンガ(平板)を置いてみて、仕上げたい高さより0.5cm~1cm高くなるように川砂の厚さを決め、水平を確認しながら平らにします。水糸は完成の仕上げ高さに合わせてピンと張っておきます。

3.レンガを敷いていく

●レンガ(平板)を端から順に隙間がないように並べていきます。ゴムハンマー軽く叩き、仕上がりの面までレンガを沈めます。高さが水平か何度も確かめます。

4.隙間を川砂で埋める

●敷きつめたレンガ(平板)に川砂を散らし、ホウキで掃きます。細かな隙間が埋まり、ガタツキがなく、きれいに仕上がります。

レンガの敷き方パターン

イモ
イモ
ランニングボンド
ランニングボンド
バスケットウィーブ
バスケットウィーブ
ハーフバスケットウィーブ
ハーフバスケットウィーブ
二丁アジロ
二丁アジロ
ヘリンボーン90゜
ヘリンボーン90゜
ヘリンボーン45゜
ヘリンボーン45゜
交互貼A
交互貼A
交互貼B
交互貼B
交互貼C
交互貼C
交互貼D
交互貼D
レンガを敷く面積やパターンによりレンガの個数、形が変わってきます。
下地をしっかりと転圧することで、時間が経過したときの 歪みが少なくなります。
左図の工程2の時に、砕石と川砂の間に防草シートを敷くと、雑草抑制になります。
※この記事の商品情報は掲載日時点のものです。商品の仕様や価格、店舗の取扱い状況は変更になる場合がございます。予めご了承ください。