訪問ペット葬儀のご案内

リフォーム&エクステリア

紫外線から肌を守る習慣を。

日焼け止めといえばアウトドアで使うもの、というイメージですが、紫外線は曇りの日や室内にも入ってきます。日焼け止めを上手に使い分けて紫外線対策をしましょう。

紫外線にはA波、B波、C波の3種類があります。

  • A波は、肌の奥までじわじわ浸透していくタイプ。日焼けさせるほどの強さはありませんが、肌のコラーゲンなどを破壊することから、しわやたるみといった肌の老化を引き起こします。
  • B波は、皮ふに炎症を起こす、つまり日焼けの原因となる紫外線です。
  • C波は、有害な紫外線です。オゾン層の破壊により地上まで届くことが危惧されています。
「日焼け止め」は、A波とB波をカットする役割があります。日焼け止めには、それぞれの紫外線に対する防御度が記載されていますので選ぶときに参考にしてください。
  • A波に対する指標は「PA+++」や「PA++++」といったものです。+の数が多いほど防止効果が強いことになります。A波の量はもちろん夏が多いのですが、夏以外にもある程度降り注いでいるので、+の数を使い分けて通年使うと良いです。
  • B波に対する指標は、「SPF30」とか「SPF50」といったものです。50の方が防止効果が高く、それ以上の50+というタイプもあります。B波に対する防御度であり、「日焼け」のしやすさは人によって異なるため、適度に塗り直ししましょう。

ニベアSUN 化粧水感覚のUVジェル
SPF35 PA+++

うるおい成分配合のジェルタイプ。日常の紫外線を防ぐのに適しています。

ロート スキンアクア スーパーモイスチャージェル SPF50+ PA+++

高いUVカット力と化粧水のような使い心地を両立したタイプ。

ロート ママはぐ
SPF25 PA+++

低刺激性、弱酸性のこども用日焼け止めです。ボトル入りで扱いので、お子さんにも日焼け止め習慣をつけましょう。

コーセー サンカットアクアリィフローラル
SPF50+ PA++++

UVカット力が最高値。スプレータイプで、背中や髪の毛のような塗りにくい所もカバー。

日常紫外線用は軽めのタイプ、レジャーに行く時はUVカット力の強いタイプで、と使い分けてみてはいかがでしょうか。

※この記事の商品情報は掲載日時点のものです。商品の仕様や価格、店舗の取扱い状況は変更になる場合がございます。予めご了承ください。