リフォーム&エクステリア

木の燃料で暖かい火のある暮らしを

灯油価格の高騰や、電気料金の値上げが行われる中、冬の期間の光熱費を大きく占める暖房代を見直しされている方も多いことと思います。そこで最近、低燃費や環境問題の観点から注目されている「薪ストーブ」や「ペレットストーブ」といった木を燃料とする暖房器具をご紹介します。

木を燃やすということ

薪も木質ペレットも形状の違いはありますが、どちらも木の燃料です。木は循環系燃料といわれていて、燃やすと温室効果ガスであるCO2を発生しますが、樹木が成長する上でも同量のCO2を吸収するので、自然全体で考えると、大きなCO2排出量にはならないということです。木を使う分、木を育てるので環境にやさしい燃料と言えます。

部屋の暖め方の違い

必要な場所を必要な時にすぐに暖めたい、という場合はエアコンや電気ストーブが適していますが、それに対し薪ストーブやペレットストーブは、わずかな燃焼を24時間連続させて暖かさを保つという考え方です。北海道のような寒冷地では、住宅の気密性・断熱性が高いため、後者の方が効率よく部屋を暖められると言えます。この暖め方の違いには、発生させる熱の種類の違いにあります。エアコンやファンヒーターは、対流熱を発生させ、部屋の”空気”を暖めます。それに対して薪ストーブのような鋳物の暖房は、遠赤外線の輻射熱を発します。この熱は、部屋の壁や床に蓄熱され、じんわりと自然な暖かさを生み出します。暖めるのに時間がかかりますが、一度暖まれば、その熱が長く持続しますので、私たちの身体を芯まで暖めてくれます。

燃費はいい?

同じ熱量を発生させる燃料の量から計算すると、灯油と比べると木の燃料の方が少し安価になりますので燃費がいいと言えますが、それだけでなく、着火に電力をあまり使わない事や、暖めた部屋が冷めにくいという事も考えると、大変お得と言えるのではないでしょうか。

手間がかかることを欠点だと思いますか?

石油ストーブや電気ストーブと比べると、スイッチ一つで点火できる訳ではありませんし、少量ですが灰も出ますので、毎日の手入れが必要です。便利な都会の暮らしに慣れている人にとっては、手間がかかると感じるかもしれません。火を灯す事を冬の暮らしの一部として楽しめることが大切です。

それでも人気のワケ

薪ストーブやペレットストーブの一番の人気の理由は「炎が見える」ということです。お部屋だけでなく、心も暖まります。身体も心も癒されるこの快適さは一度体験するとやめられないとか。ゆらぐ火に暖まりながら一家団らんしてはいかがでしょうか。

薪ストーブとペレットストーブの違い

薪ストーブは、高く立ち上げる煙突によって上昇気流を起こして排気する仕組みですので、設置には煙突工事が必要です。電気は一切使用しません。薪を大量に扱いますので、実際には薪の調達方法の確保や保管場所、そして時間的なゆとりも必要でしょう。最大の長所は、炎の迫力です。揺らぐ炎の灯りとやわらかな暖が得られ、贅沢な空間を堪能できます。

木質ペレット燃料は、木を圧縮して小さな円柱形にしたもので、薪に比べると運搬・保管が楽で、入手しやすいのがメリットです。このペレットをストーブ本体の燃料タンクに入れると、自動的に少しずつ燃料をはき出して燃やしていきます。電気でファンを回して給排気するタイプが多く、排気口を壁から出す工事のみで、煙突は必要ありません。薪ストーブと比べると設置が楽で扱いやすいですが、価格は高額です。札幌市では、「市民向けエネルギーeco資金補助」という助成金制度もあります。

薪とペレットの両方を使えるタイプもございます。掲載の品は一例ですので、この他にも煙突式のペレットストーブや屋外用のものもございます。資材館にて展示しておりますので、詳しくはスタッフにご相談ください。

※この記事の商品情報は掲載日時点のものです。商品の仕様や価格、店舗の取扱い状況は変更になる場合がございます。予めご了承ください。